読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

閣下が不用意に打たれたblog

噴火で変遷する西之島の火口や海岸線、暗礁などの海底地形等の図を衛星画像や各種資料から作成してます

西之島8/26観測の海岸線

長径90mに及ぶ「溶岩マウンド」が北火口内に発生して爆発の恐れがニュースになっている西之島

7月4日地理院観測の赤色立体図標高別色分けバージョンに、ここ最近の面積増加を追加してみた。

f:id:gravireyossy:20140829210900j:plain

赤色立体図(2014©アジア航測㈱)

海岸線のソースは7/24と8/26は海保、8/2と8/21は宇宙技術開発株式会社、8/12は東京大学地震研究所の撮影画像等。実際は南や西で浸食や堆積がおきている。

 

北東火口にはもう少し活躍してほしかったが、8/12には成長が止まり、この段階で溶岩マウンドが発生している。

そもそもこれを見ると北側火口の直径が40mくらいしかないのに、溶岩マウンドが収まるくらいに北火口が大きく開口しているのは、それだけの規模の爆発イベントが8/12の前にあったからだろう。この爆発が結果的に北東火口への供給ルートを断ってしまったのではないかと邪推している。

 

北火口は4~5月にも爆発を起こしていると思われるし、火道の形状や状態が爆発向きなのかもと思う。
2度あることは何とやら、北火口は要注意。

 

LandBrowserのクレジット表示 The source data were downloaded from AIST‘s LandBrowser, (http://landbrowser.geogrid.org/landbrowser/index.html/). Landsat 8 data courtesy of the U.S. Geological Survey.