読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

閣下が不用意に打たれたblog

噴火で変遷する西之島の火口や海岸線、暗礁などの海底地形等の図を衛星画像や各種資料から作成してます

ランドサットの捉えた近赤外線の西之島H261125-28

西之島 ランドサット

噴煙の影で時に欠ける西之島

西之島のランドサット画像は1週間に3回のデータが届くという事で、前回トライしてみたのが異なる日付の撮影から、B7の画像を集めて溶岩流の形状を知ろうという試みです。

 今回は第2弾で、11/21日の撮影データが認識できなかったので、H26/11/25と11/28の2データで構成しました。

色は11/25のB7緑、B8青、11/28のB7赤です。

f:id:gravireyossy:20141204223444j:plain

H26/11/25のきれいな画像でも噴煙に隠れて不足していた情報が、ちゃんと11/28のデータで補われた感じ。無理をしたかと思っていたが、この手法はまあ有効な気がする。

このような子供だましであっても、積極的に騙されてみることにしてお次は位置合わせ。

今回は図を合わせただけでなく、H26/11/28想定の海岸線を作ってみた。

f:id:gravireyossy:20141204230159j:plain

なんかいい感じに海岸線が描けてて、短期的には目安になると思います。やはり海王暗礁からサメ浜沖に向かっては成長著しい印象ですね。

色合いが派手だったので暗礁図は次図で当てましたが、背景の旧島はS49/8/3の西之島新島を持ってきてみました。

f:id:gravireyossy:20141204233058j:plain

出典は気象庁のPDF資料から海保水路部の「西之島の火山活動について P51 第3図」の画像で、これをラスベク変換して取り込んでいます。この図は北方向こそ回転修正してますが、寸法や比率などの精度は高いですね。

http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/kaisetsu/CCPVE/Report/001/kaiho_001_13.pdf

自分は「西之島新島」というと、この形を想像します。今回の噴火の規模が大きい事を改めて認識。

それにしてもそろそろ海保さんの垂直写真が欲しいですな。

 

お気軽にコメントなどどうぞ。

LandBrowserのクレジット表示 The source data were downloaded from AIST‘s LandBrowser, (http://landbrowser.geogrid.org/landbrowser/index.html/). Landsat 8 data courtesy of the U.S. Geological Survey.