閣下が不用意に打たれたblog

噴火で変遷する西之島の火口や海岸線、暗礁などの海底地形等の図を衛星画像や各種資料から作成してます

R020522だいち2号の捉えた西之島

国土地理院から、だいち2号のSAR画像が公開されたので、今回は位置合わせ画像から面積の計算をしましたので、簡素に報告します。

データは国土地理院の下記リンクから。

https://www.gsi.go.jp/BOUSAI/R1_nishinoshima.html#13

 

下はいきなり位置合わせ画像です。

f:id:gravireyossy:20200525222837p:plain

200522だいち2号(位置合わせ)

下は面積の計測エリアのペイント図です。

海岸線は2018年12月の国土地理院画像の拾いに、2020年5月5日のSKYSATから拾った増加分の海岸線を追記したものです。

f:id:gravireyossy:20200525223535j:plain

200522だいち2号-面積ペイント

計測結果

拾いは砂浜も込みの大雑把に、それでも76座標から取りました。

結果は、3.617km2。

これで3.54km2の南硫黄島を超えですな。(手前調べ)

以前SAR画像は島に対して大きく見える傾向がありましたが、島自体が大きくなったため結果の誤差が小さくなってきたように思います。

 

ちなみに前回報告した海保の画像から火砕丘の標高も計算しました。

結果頂上の標高は246m。

これはなんちゃって写真測量なのですが、±10mは狂わないと思いますな。

 

以上です。

管理者権限のコントロールが効くようになってきた気がするので、コメントはお気軽にどうぞです!

R020517ランドサット8の捉えた西之島

海保のデータベースから

海保から西之島の良好な状況写真が配信されました。

www1.kaiho.mlit.go.jp

画像のホワイトバランス調整加工をしたものをUPします。可視光画像は解像度は25%まで落ちています。

 

最初に西遠方から。元画像をトリミングしたものです。

 

f:id:gravireyossy:20200524003954j:plain

200518海保01


ほぼ同じ方角からの熱赤外画像です。可視光ではありません。画像中青っぽく見えている部分は高温すぎて白飛びした部分だと思ってください。

 

f:id:gravireyossy:20200524004032j:plain

 

方向同じく火砕丘。火口は山頂より少し南西側にズレているようです。

f:id:gravireyossy:20200524004155j:plain

200518海保04

南西から島全体。

旧島の北側に溶岩流が湯気を出しながら流下しています。

手前側は去年12月の溶岩流ですが、これを避けて北側を流下しているようです。

また南側海岸線の溶岩流には砂礫が乗って白い帯のような範囲が出来ています。

去年10月に直撃した台風による堆積のはず。この時海岸線が少し後退しましたが、鳥の営巣地としての環境は良くなっていると思います。

f:id:gravireyossy:20200524004301j:plain

200518海保02

 

 

同方向から火砕丘。立派な山体です。

f:id:gravireyossy:20200524004330j:plain

200518海保05

南から島西部方面。噴煙は北東側に流れているため、避けて撮影したようですね。

f:id:gravireyossy:20200524004402j:plain

200518海保03

 

ランドサット8の画像

 

解像度を120m/ピクセルにした赤外フォールスカラー画像です。

西之島に掛かった薄雲が輻射によって消え、風下には渦を生み出しているようです。風向きは翌日となった海保の撮影と同方向です。

バンドはB7赤、B6緑、B5青。

f:id:gravireyossy:20200524022144p:plain

200517LS8(B7-6-5)

可視光によるパンシャープン画像。

B8背景、B4赤、B3緑、B1青 画像の解像度は10m/ピクセル

f:id:gravireyossy:20200524022316p:plain

200517LS8(B4-3-1+8)

 

同じ配置で赤外フォールスカラー画像

 B7赤、B6緑、B5青 画像の解像度は10m/ピクセル

f:id:gravireyossy:20200525010947j:plain

200517LS8(B7-6-5)

位置合わせ

海岸線は2020/5/5のSKYSATから、拡大部分の海岸線を追加しました。

しかしすでに海上に光点がチラホラ。そこは埋め立てが進んでいるようです。

f:id:gravireyossy:20200525011120j:plain

200517LS8(位置合わせ)

上記にスカイサットの画像を少し彩度を落として載せてみます。

 

f:id:gravireyossy:20200525011245j:plain

200517LS8(位置合わせ・200505SKYSAT)

判読でっす!

ランドサットは雲の多い状況でしたが、海保がほぼ同じタイミングでの撮影だったため、同じ状況と思って判読できそうです。

海保の画像からは火砕丘の周囲には熱が法尻に溜まっており、火口からの噴出物が供給されていることが見えます。
 溶岩流は北西側に流下したものが、海岸線で蒸気を上げて海に進入し始めました。今はこれが主要ルートのようです。

もう一つ北側にもルートがありますがこちらにも期待したい所。

北北西の弓型の湾は完全に埋まっている状況。前回ASTERで確認された溶岩流のかたまりが短期間に溶岩扇状地を形成したと見えます。

北側の光点は蒸気を多く発していないので、活動残滓といったところでしょうか。

 

今回は以上です

 

httpsに移行していないせいか、権限の更新がうまくいかないです。

hatenaの指示に従って更新してみようかな・・・

ではでは。

R020512ASTERの捉えた夜の西之島

 

すんません、ブログにログイン状態で接続できなくなっていました。

ルートを変えて上手くいったのでこのまま投稿します。

 

というのも今回のASTER画像は久々の新展開です。

f:id:gravireyossy:20200513210746p:plain

ASTER20200512-グラデーション処理

 

 

例によってですが位置合わせ画像の投稿。

f:id:gravireyossy:20200513210459p:plain

20200512ASTER+20200505SKYSAT

いきなり判読
撮影に噴煙の影響は、明確には見られない。ひまわり8でも雲の少なかったことが確認でき、良好な撮影だったと思われる。
新展開は西北方向の新規溶岩流。12月に西海岸に到達した溶岩流の北側をレールに使う流れが発生。先端は海岸まで300m程度。
前回確認できた北方向に向かう流れは海岸線も活動中ながら、中間点で西に活発な寄り道をしている。

 

また投稿します~

LandBrowserのクレジット表示 The source data were downloaded from AIST‘s LandBrowser, (http://landbrowser.geogrid.org/landbrowser/index.html/). Landsat 8 data courtesy of the U.S. Geological Survey.