閣下が不用意に打たれたblog

噴火で変遷する西之島の火口や海岸線、暗礁などの海底地形等の図を衛星画像や各種資料から作成してます

H290816ランドサット8の捉えた夜の西之島

薄い雲のかかった夜の西之島だが

8/13の前回記事では、ほとんど熱活動が無かった西之島ですが、8/16の夜間撮影は雲の影響がある中の撮影となりました。

超高感度で処理すると微弱な輝きが浮かび上がってきましたので紹介します。

データは産総研のランドブラウザーから。

LandBrowser

火映表示画像を超高感度に

おそらく高層のの雲がかかっていますので、B10では地表の温度の全容を伺えません。

またいつもの火映の表示処理ではB7の輝きを確認することは出来ませんでした。B6には完全に感無しです。

使用バンドはB7を超高感度にして赤~黄。B10のネガポジを青着色。画像の解像度は10m/pix。

f:id:gravireyossy:20170820144236j:plain

熱源画像

使用バンドはB7を超高感度にして赤~黄。画像の解像度は10m/pix。

f:id:gravireyossy:20170820145603j:plain

 

位置合わせ

活動が薄いので画像を強調して最近の海岸線だけあててみます。夜間画像の位置合わせはGISソフト位置から南西に28m程度移動してあります。昨今の活動低下状況でほぼ動かない熱箇所を利用して調整しました。

f:id:gravireyossy:20170820150303j:plain

ここ最近の活動状況を縦連結してみます。

上から2017/7/24夜、8/13昼、8/16夜。

f:id:gravireyossy:20170820160005j:plain

8/13の日中に微弱にな輝きとして捉えられた場所は、夜間画像においてやはり微弱な熱箇所としてほぼフィットしてきたようですね。

判読です。

超高感度でB7を読み取った中で、2期目の平成噴火で活動していない場所にも輝きを捉えました。高層の雲の影響はあったものの、古い熱源をも捉えられた事からその影響は限定的なものと言えそうです。また噴煙はあったとしても雲の下になったと思われます。

確認できる輝きはかなり高感度の処理しましたので、溶岩膨張亀裂や余熱によるものでしょう。

火口付近には極めて微弱な輝きを確認しましたが、火砕丘には高温の物質は一切載ってないようです。

引き続き活動は落ち着いてしまってますが、気象衛星などでは引き続き噴煙状のものを確認できますので、留意してみていきたいと思います。

 

判読と記事は以上です。

コメントはお気楽にどうぞです。

H290813ランドサット8の捉えた西之島

西之島の噴火活動に決定的変化が訪れた

びっくりタイトルですが、まず紹介するのは8/2に海保の観測した西之島です。

撮影は火砕丘の西側からですが、南風を受けて大量の噴煙が北方向に流れています。

しかしいやいやこれ、噴煙が茶色過ぎだよね。はた目には水蒸気っぽさが感じられない乾いた印象です。

f:id:gravireyossy:20170815120302p:plain

引用は火山活動解説資料(西之島)の2017/7から。

http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/monthly_v-act_doc/tokyo/17m07/326_17m07.pdf

 

久々に晴れたと思えば西之島

久々に好天となった西之島の日中撮影です。しかしながら!火砕丘に熱源は無く、溶岩の流出および火口からの火砕物の噴出等の熱活動は、休息状態に入ったと思われました。

とりあえずパンシャープン画像。

ランドサット8のデータは産総研のランドブラウザーから。

LandBrowser

画像のバンドはB4赤、B3緑、B2青50%、B1青50%、背景はB8。画像の解像度は10m/pix。

f:id:gravireyossy:20170815115949j:plain

熱赤外線のサーモグラフィー画像

今回は明瞭な活動位置のピークがない状態です。色合いを引き上げてみると、火砕丘の北東側に温度の高い領域があるのは意外なところです。

使用バンドはB10。画像の解像度は10m/pix。グラデーションは魂で読み取って頂きたい。

f:id:gravireyossy:20170815122259j:plain

上のサーモグラフィー画像にB8をかぶせます。

f:id:gravireyossy:20170815145113j:plain

今回高温の火砕丘の北東側は活動休息時期にも余熱を持っていた場所です。ただ温度自体は低いんですが。

B7熱源画像

いつもと違う処理でB7の熱感知領域を表示してみます。

B7赤、B6緑、B5減算、B8スクリーン50%。画像の解像度は15m/pix。B7、B6、B5は本来の解像度の30m/pixのまま使用しています。

f:id:gravireyossy:20170816154921j:plain

再噴火後の活動と関係ない所まで赤く見えていますので、日光の影響も十分に有ると思ってください。

特筆したいのは火砕丘です。完全にB7の輝きがすっぽりと抜けています。B5の減算処理の影響もあるでしょうが、高温の場所が無いという状態でしょう。

再度パンシャープン 

今回は記録を確定させたいのでランドサット8の画像解像度を5m/pixに上げてパンシャープンを作成。使用バンドはB4赤、B3緑、B2青、B8背景。いずれも本来の解像度から再サンプリングで解像度を高めています。

f:id:gravireyossy:20170816162642j:plain

なんかの横顔に見える。まあこの解像度はなかなか良いですね。

位置合わせ

今回の位置合わせは上のパンシャープンで行きます。

画像の位置は変えていませんが解像度を少し上げ、サイズを大きくしました。説明もがっつりいたしましょう。

当ブログの「位置合わせ画像」の範囲は2015/3頃以降一定で、東西に東経140-51-50から140-53-40の間、南北に北緯27-14-00から27-15-50の間です。

上載は錆び色で平成噴火前の旧西之島。緑のペイントで昭和噴火前の暗礁図。青線で国土地理院の2016/12の海岸線を0.5度左回転処理。オレンジは2015/9頃の海岸線に再噴火後の海岸線に2017/5/2と2017/6/29の海保判読から追加し、特に西側溶岩扇状地の最大位置は7/30のWV2画像から読み取ったもの。等深線は海保の2017/6/30海底地形図から読み取り。スケールは図示。

南西溶岩扇状地と西の溶岩扇状地に数値を旗上げましたが、国土地理院の青線に対して増加した面積をm2単位で表示しています。

f:id:gravireyossy:20170816164018j:plain

B7熱源画像乗せ

B7の熱感知領域画像を位置合わせします。最近の溶岩流や溶岩トンネルの位置と、火口の参考位置を乗せました。これから画像の解像度は落としますが、画像の切り取り範囲は一定です。

f:id:gravireyossy:20170816175558j:plain

今までと比べると表面的には冷えてしまっている。火口がこんなだとはなあ。

ALOS-2 だいち2号の撮影した西之島

参考にJAXAの運用するだいち2号の撮影した、2017/8/4のサムネイル画像を再サンプリング処理して、位置合わせに乗せました。このサムネイル画像原本の著作権JAXAにあります。

f:id:gravireyossy:20170816170841j:plain

 だいち2号のデータは下から取得しました。

衛星データ利用促進プラットフォーム

このサムネイルは100m/pixの低解像度で提供されているのですが、本来は3m/pixを誇る高解像度で雨にも負けず風にも負けぬ、合成開口レーダーによる画像です。 レーダーは東方面からの照射で、画像は砂利浜が暗く岩場は明るく表示される傾向にあります。ステルス性の低い船舶などが近傍にいるとばっちり反応したりします。

これを見ると、もう少し西側溶岩扇状地は北方向に進延していると思ったんだが、多少の進延に留まったようです。

 判読です

熱活動はほぼありませんが、高感度に読み取ると最も明るい光点は西側溶岩流の先端部分にあり、活動というよりは崩落した溶岩流先端の余熱と思われます。再噴火後の溶岩流の範囲には薄い光点が点在してあり、これらは溶岩膨張亀裂の存在等と予想します。

火口の熱活動が無く、火口周辺が硫黄色に染まる現象も見えません。8/2の海保画像では茶色掛かった大量の噴煙が確認できましたが、この撮影では雲と同色の噴煙以外に活動が見当たりません。

 火砕丘全体は北東部分を除き周辺の溶岩台地より温度は低く、火砕物の吹き出しと堆積を伴う活動が存在していないことを示しています。

ランドサットで見る火山活動は、停止した部位はすぐに冷えきって見える傾向にありますが、印象として今回は5日程度以上は流出活動が止まっていると思われます。

海岸線は台風5号の影響を懸念しましたが、溶岩扇状地の浸食は限定的だったようです。堆積現象は西之島の南東部分で浜の成長が若干見られますが、それ以外の場所では国土地理院の海岸線より内側に白い波浪が入り込んでいる箇所が多いようです。

考察

再噴火から3カ月と20日程度ですが、このまま噴火活動を停止するかというとそうとも思えないのが西之島の、粘り気の少ない溶岩による粘り強い火山活動です。

例えば1期目は2014/8頃に活動の停滞があり、9月に大流出がおきました。 

 

今回の活動の停滞によって溶岩トンネルは流動性のある部分が狭窄するでしょうから、再度流出がありレートが上がると、古いトンネルには入りきらずに新展開となると思います。

これがどこに起きてどこに流れるのか、あるいはこのまま活動を長期に休止するのか、全く読めなくなりました。

特に活動を停止したばかりの西之島は、爆発的噴火の恐れが高まったと自分は考えます。しばらくは活動中より危険だと思っていて、鳥はともかく人間としては気象庁の警戒範囲を厳守すべきで、安易に近寄れないと思って正解でしょう。

この後は干渉波による地形の変化や地震活動の分析などを注意して見守ることになるかと思います。

 

今夜はランドサット8の夜間撮影でもあり、うまく晴れ間に入れば日光を気にせずゴリゴリ解析したいと思いますね。

記事は以上です。コメントはお気楽にどうぞ!

H290731ランドサット8の捉えた夜の西之島

今回は台風直前スペシャル!ではないですが、ディジタルグローブ社の商業地球観測衛星ワールドビュー2号(WorldView-2)が、2017/7/30に西之島を撮影したサンプル画像を処理しましたので、海岸線の変化確認の意味もありご紹介します。


WorldView-2は宇宙技術開発株式会社、SEDで概要が紹介されています。

ワールドビュー2号(WorldView-2)衛星・センサの概要 宇宙開発と共に 宇宙技術開発株式会社 衛星画像データサービス 地球観測衛星画像・衛星写真・映像・素材 衛星データ解析と販売

サンプル画像データは下記サイトから。

https://imagehunter.apollomapping.com/

 2017/7/30のデータは2枚あります。雲や噴煙がずれて乗っているので、比較暗を使うところですが、2枚ばかりなので乗算で被せて処理しました。

f:id:gravireyossy:20170801193156j:plain

無駄にでかいけど勘弁。解像度は4.208m/pixくらいかな。本来は超高解像度の衛星ですから、大迫力の画像なんでしょう。

今後比較したいので、参考までにいつもの位置合わせ画像に当てはめて乗せておきます。

f:id:gravireyossy:20170801193657p:plain

夜雲の下に

さてランドサットウィークも最終撮影日ですが、台風5号の迫る中、薄そうに見えて強力な雲が西之島には乗ってしまいました。

データはUSGSから。

https://earthexplorer.usgs.gov/

 

今回はB6やB5には感が無かったので、基本的に西之島は見えていなかった状態と思います。

画像はネガポジのB10青着色。超高感度B7赤と、超高感度で足切りしたB7緑。

とりあえず広範囲表示にして、画像の解像度は120m/pixです。

f:id:gravireyossy:20170801183736j:plain

まるで雲を育てているような西之島です。台風のふー子を育てている最中の、のび太君の気持ちで見守ってほしいですな。

 

で、これを拡大すると以下の感じ。

いつもより縮小して画像の解像度は15m/pix。ランドサット8本来のB7解像度は30m/pixですのでこれでも拡大してはあります。

f:id:gravireyossy:20170801185133j:plain

サーモグラフィー風合い画像

B10をサーモグラフィーで表示します。画像の解像度は15m/pix。グラデーションは今回も胆力で読み取ってもらいたい!

f:id:gravireyossy:20170801190511j:plain

なんつってこれではなんも分かりませんな。熱があるようには見えないわけです。

 

次はいつもの溶岩流画像に近い雰囲気で。

超高感度B7赤と、超高感度で足切りしたB7緑。画像の解像度は15m/pix。

f:id:gravireyossy:20170801185425j:plain

感度があったのはB7だけなので、無理やり画像だと思ってください。

 

2017/6/26の日中画像B8に上の溶岩流風味画像を乗せましょう。

f:id:gravireyossy:20170801185412j:plain

おお、なんかそれっぽいぞ!西側溶岩扇状地の活動域は健在という事かな。

 

だけど今回はここまで。いつもの火映の表示なんてレベルではない、超超~高感度画像過ぎて活動の判読はおこがましい。

今回の西之島はちゃんと活動している、という御意向であるという事で皆様、ここは忖度してやってください。

 

使い方変?

 

ええい記事は以上です!コメントは忖度不要で!

H290728ランドサット8の捉えた西之島

海から西之島を撮影

最近は海から撮影された素晴らしい画像も沢山紹介されてきました。少しずつ紹介したいと思いますが、今回は2017/7/21の明け方に佐伯克人さんの撮影された美しい西之島です。

データはこちらから。

佐伯克仁 | Facebook

f:id:gravireyossy:20170730161529j:plain

f:id:gravireyossy:20170730161615j:plain

西側の溶岩扇状地から湯気の立つ様が写っています。中央の火口は南南西に向かう傾斜となっているようですね。

 

今回は雲隠しに見舞われた西之島

さて前回の日中撮影は大事な熱活動を噴煙で隠していましたが、今回は雲、スポットで来ましたよ~熱活動域は外したモノの雲の影に入れてくれました。残念。

データはUSGSのEarthExplorerからです。

https://earthexplorer.usgs.gov/

パンシャープン画像

台風5号が東北東にあって迷走している状況の中、うねりが浜に押し寄せて海岸線は広い範囲で白くなっています。

バンドはB1青、B3緑、B4赤、背景はB8。画像の解像度は10m/pix。

 

f:id:gravireyossy:20170728190541j:plain

 

 フォールス赤外線画像

バンドはB7赤、B6緑、B5青、B8の低感度画像で減算して海岸線に特徴を表示しています。画像の解像度は10m/pix。

f:id:gravireyossy:20170728190730j:plain

 

夜間風溶岩流画像

バンドはB7赤、B6緑、B4減算。画像の解像度は10m/pix。

f:id:gravireyossy:20170728190759j:plain

 

サーモグラフィー画像

バンドはB10。画像の解像度は10m/pix。グラデーションは根性で読み取ってください。

f:id:gravireyossy:20170728190710j:plain

位置合わせです

画像はパンシャープン画像。水深は海保の海底地形図から、海岸線は国土地理院の12/20測量のデータから。赤いのは平成噴火前の海岸線です。

 

f:id:gravireyossy:20170730152043p:plain

火口に噴煙が留まっていないため、すり鉢が見えているようです。

溶岩扇状地は若干大きくなっていますが、6/26海岸線からの変化量としては小さいですねー。

今回は海岸線の内側まで入り込む波浪が気になりますが、低感度の画像ではほぼ海岸線の通りの地形が浮かび上がりますので、大きく変化しているわけではありません。

夜間風位置合わせ

夜間風に仕立てた溶岩流画像を位置合わせさせます。

f:id:gravireyossy:20170730154210p:plain

判読です。

この画像からは火口はすり鉢の形状も見え、火口の直径は80m程度と読みました。

また西側溶岩扇状地は日中画像においても先端部分が水深50mの位置に掛かりました。この位置での拡大は斜面形状からも遅くなると思われます。

ところで溶岩流がトンネル化されたころから最近にかけて、面積の拡大が遅い気がしていますが、ざっくりレートの計算をします。

6/26に比べて面積の増大は40000m2、埋めた場所の平均水深が35m、そこに乗った平均標高を10mとします。経過32日で1日当たりの平均流出溶岩量は5.6万m3/日。全量がこの場所に来ていると思いますので、これが噴出率になります。

20万m3/日程度あった5月と比べるとレートは落ちていると言えそうです。

一度レートが落ちると、溶岩トンネルは狭くなると思われます。今後噴出率の増量変化に溶岩トンネルが耐えられず新展開、というのは十分に考えられますので、留意して見たいところ。

 

記事は以上です。

 

LandBrowserのクレジット表示 The source data were downloaded from AIST‘s LandBrowser, (http://landbrowser.geogrid.org/landbrowser/index.html/). Landsat 8 data courtesy of the U.S. Geological Survey.